フジフィルム ファインピクスF402について


FinepixF402
当時としては異例の薄型スタイリッシュモデル。

☆ジャンク度☆
無し
撮影可能


FinepixF402 FinepixF402
 フジフィルムは、このMDプレイヤー型のスタイリングが好きでファインピクス4500あたりから踏襲している。

FinepixF402 FinepixF402
 スーパーフジノン銘を与えられた名誉ある単焦点レンズを登載。

FinepixF402 FinepixF402
 電源スイッチをスライドさせるとLEDが点灯するのは、前モデルのファインピクスF401を踏襲している。


FinepixF402 FinepixF402
 シンプルなボディ上面。

FinepixF402 FinepixF402
 疑惑の400万画素モードを相変わらず搭載。


FinepixF402
 時代的に光学ファインダーを登載。

FinepixF402
 個人的には、この羽根型ズーミングレバーは好きではない。

FinepixF402
 現在でもそこそこ持つ、NP−40系バッテリーを採用。

 本カメラは2002年10月に登場した。実質的には、同年に登場したファインピクスF401のスタイリングを継承し、バッテリーをNP−60系から小型で薄型のNP−40系に変更したスリムモデルである。同じ200万画素級スーパーハニカムCCDハニカムIIIを搭載し、レンズは光学3倍ズームレンズではなくライカ判換算で39mmF3.2の単焦点レンズを搭載している。このコンパクトなスクエアボディに単焦点レンズの組合せや、スクエアボディに円のラインを組みあわせたスタイリングはMP3プレイヤーとしての機能を持った異色モデルファインピクス40iからも影響を受けている。スクエア型ボディはフジフィルムが気に入っているらしく、古くはファインピクス500にも見られる。フジフィルムというのガンコな企業気質で、一度気に入ったスタイリングは長く使う傾向にある。そのくらいガンコな企業でないと、このご時世にフィルム・感材の供給何てアホらしくて出来ないだろう。その点は大いに感心するところだ。
 ところで、そのガンコな企業気質が感心でない方向に向いてしまうことが稀にある。本カメラやEXR CMOSが登場するまではハニカムCCDがフジフィルムの錦の旗であり、そのパフォーマンスは極めて好ましいモノだった。基本的にはEXR CMOSもその特色を継承する。ところが、ハニカムCCDのデビューを飾ったファインピクス4700Zで伝説的なへまをやってしまう。もう時効くらいの話なのだが、ファインピクス4700Zの撮像素子は200万画素級だったのだが、出力画像データが400万が相当ということで400万画素級デジカメとして謳ってしまったのだ。要するに保管処理をしてデータを水増ししたのだ。初期のファインピクス4700Zには「4.3M」のプレートも付いていた。ファインピクス4700Zは200万画素級デジカメとしては相当綺麗な画像を出力したが、本当の300万画素級や400万画素級デジカメには叶わない。ネーミングだって400万画素級を髣髴とする4700の採番をあてている。ハニカムCCDじゃない200万画素級を採用した同系列の縦型スタイルのモデルはファインピクス2700だしな。このことはガジェット好きから猛烈に批判されたのだが、今更、採番ルールを変えるわけにもいかなかったのか、200万画素級モデルだとファインピクス4900Zとか4000番台をあてているし、300万画素級モデルだとファインピクス6800Zとか6000番台をあてている。
 2002年になって、ハニカムCCDも3代目になりスーパーハニカムCCDハニカムIIIに進化した。それに伴って採番もアルファベット1文字+数字3桁に変更なった(例外有)。ところが200万画素級モデルにファインピクスF401と命名したり、300万画素級モデルにファインピクスS605と命名する。無論、例の保管処理による倍の出力画素数を髣髴させるな。もっとも、ファインピクスF401の300万画素バージョンはファインピクスF410だし、同じ300万画素級ながら単三電池型の廉価モデルのファインピクスA310と、それなりに妥当な命名になっているし、フジフィルムの命名規則も柔軟になったようだ。もっとも、混乱しているようにも見れるが、大抵の方はファインピクスだけで30台くらい比較したりしないので実害はないだろう。
                ☆           ☆
 本カメラは基本的にオートカメラなので語ることは少ない。目立つのはフロントパネルの円形凸部であり、これがかなりキラキラして特徴的になっている。男子が恥ずかしくなるほどではないが、やはり女子受けを狙ったのだろう。凸部の一部が電源スイッチになっていてスライドすると電源が起動する。この際、グリップを兼ねる電源スイッチのLEDが青色に光ってオシャレな感じである。起動は約2秒、撮影間隔も1秒以下でAFもそれほど遅くはないから近代的な戦闘にも耐えうるであろう。それは単焦点レンズを採用しているゆえの恩恵と言えるかもしれない。レンズは39mmF3.2と若干くらいが、本カメラのベース感度はISO200なので、それほど問題はないだろう。むしろ、画素数が100万画素級に限定されるもののISO800/1600の高感度(当時)を搭載するので守備範囲は広い。勿論、2002年の物だからノイズは多いが撮れると撮れないでは大違いだ。焦点距離は準広角のレンジだが、マクロモードで6cmで寄れる。これに高感度モードを組み合わせると薄暗い室内でのマクロ撮影が可能であり、フォルムの歪まない適度な焦点距離と言うこともできる。総じて拙僧は好印象だ。
 本カメラにも400万画素級モードが存在する。フジフィルムのデジカメはスマートメディアを採用していた都合上、出力画像データが多くなっても運用が限定的だったが、本カメラではxDピクチャーカードを採用しているので、ひとまずは「水増しモード」を発揮できる。しかし、市場ニーズ的には足かせとなり、オリンパスと同様に割を食ったのはご存じの通りだ。電源のNP−40は見かけの割にタフなバッテリーなので、現在でも使い物になる個体は少なくない。しかし、膨らんで出し入れが難しくなった個体もあるので気を付ける必要があるだろう。
                ☆           ☆
 現在は単焦点レンズを搭載したデジカメはトイデジカメを除いたら高級機に限るが、この頃は普及機・標準機でも存在した。それは概ね満足なパフォーマンスを発揮したものである。今や普及機の開発や製造はどのメーカーも嫌がっているから、本カメラのようなモデルが登場する機会はないだろう。そういう目的にはスマートフォンがあるからだ

 では、撮影結果を見て頂きたい。

(了:2015/3/1)

クラデジカメ系列メニューへ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る