カシオ エクシリム EX−M2について


EX-M2
音楽プレイヤー機能つき”着るカメラ”。

☆ジャンク度☆
無し
撮影可能


EX-M2 EX-M2
 ライカ判換算36mmF3.2の固定焦点レンズを登載。
 初代のEX−S1から200万画素級に進化した。

EX-M2 EX-M2
 コンセプトは”着るカメラ”である。

EX-M2
 素晴らしく薄いボディを実現するため、薄型専用バッテリーを採用。

EX-M2 EX-M2
 階層メニューは以降のエクシリムの祖となるデザイン。

EX-M2 EX-M2
 プッシュ機能つき十字キーで操作性は良好。
 音楽再生の再生の為にスピーカーを内蔵。

 本カメラは11mmの薄さを実現した”着るカメラ”のエクシリムEX−S2に音楽プレーヤー機能を付加させたものである。初代のエクシリムEX−S1にもEX−M1が存在した。この頃のデジカメはフジフィルムのファインピクス40iのように音楽プレーヤー機能を搭載したカメラが少なくなかった。交換式メディアを持つコンパクトデジカメがMP3プレイヤーの規格と親和性が高かったのだろう。パナソニックのD−snapシリーズのように、MP3ファイルの変換に専用ソフトが必要な酷い仕様も存在するが。もっとも、拙僧は音楽プレーヤーとしては全く使わなかったので、その辺りがどの程度使い物になるのかはよくわからない。
                             ☆                    ☆
 カメラとしての素性はエクシリムEX−S2と同じなので、本コンテンツでは省略させて頂きたい。

 では、撮影結果(名古屋散歩編)を見て頂きたい。

(了:2015/4/18)

クラデジカメ系列メニューへ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る