ニコン クールピクス600について


E600
当時にしては珍しいオーソドックスなスタイリングのカメラだが作ったのはパナソニックだ。

☆ジャンク度☆
不具合無し
撮影可能


E600 E600

 「ニコンレンズ」とあるがニコンが作っているかは極めて怪しいな。


E600 E600

 パナソニックが作ったわりにはカメラとして保守的なデザインが好ましい。
 この頃のデジカメは奇抜なデザインが多かったのだ。


E600 E600

E600 E600

 操作系や作りこみのあちこちがクールショットII LK−RQ1を踏襲していて興味深い。


E600 E600

 記録媒体はコンパクトフラッシュ、電源は単三型電池2本使用。


E600 E600

 同じ85万画素級のキヤノン パワーショットA5と比べてみる。
 本カメラのスリムでオーソドックスなスタイリングが引き立つ。


 本カメラを使ったのはかなり前で記憶があいまいなのと、何せネット上でも全く情報が無いのであっさりとしたコンテンツになってしまうのをお許しいただきたい。登場は1998年4月とそろそろフィルムカメラの代用品としてデジカメが使い物になり始めた頃である。同年の3月にはニコンが初めて本気で作ったデジカメであるクールピクス900を出している。それでは本カメラにニコンの本気を感じるかというと否だな。本カメラはパナソニックのクールショットIIメガ LK−RQ2Zと同じものである。どちらがデザインして作ったのかは正確には分からないが、多分、パナソニック(というか松下)だろう。何故かというと全体的な作りこみがパナソニックの前モデルであるクールショットII LK−RQ1によく似ているからだ。しかし、この枝番みたいな記号を製品名に付けるセンスは如何なモノだろう。もっとも、本カメラのスタイリングのセンスはイイ線をいっている。当時のデジカメはやたらデカくてブサイクなソープケースのような物が多かったが、本カメラはグッとスリムでオーソドックスなカメラの体裁である。この頃のパナソニックはとてもデジカメに本腰を入れていたとは思えないのだが、思いのほかちゃんとしたカメラを作ろうとした形跡があるな。クールショットII LK−RQ1も当時としては異例なコンパクトサイズを実現していた
                ☆           ☆
 本カメラというかクールショットII LK−RQ2Zの姉妹機であるカードショット NV−DCF50について鍛冶屋殿がブログで紹介なさっているので参考にしていただきたい。違うのは本カメラがAFなのに対し、どうやらカードショットはゾーンフォーカスMFなのだ。他に変わったところがあるとは思えないので、この違いは興味深い。個人的にはAFユニットをワザワザ積むほどのカメラとは思えないしな。マクロモード付きのパンフォーカスがお似合いではないだろうか。もっとも、本カメラのAFは悪いモノではない。但し、画素数が低いのでフォーカスが外れているのか、低画素で再現ができないのか難しいところだ。その画素数だが撮像素子は100万画素級を主張しているのだが、実際に使っているのは80万画素相当らしい。なんだか損をしている気がするのだが、多分、ベースとなるカメラがあってレンズのイメージサークルとかが足りないのだろう。初期のデジカメにはよくあって、有名な所だとソニーのサイバーショット DSC−P3とかだ。
 レンズは36mmF2.8を組み合わせる。最短短距離は50cmでマクロモードだと14か27cmまで寄れる。なんだか変な表現だが同等品のパナソニックのHPでもよくわからないのだ。記録媒体はコンパクトフラッシュで単三電池2本を仕様。これは本カメラが自慢してもイイところで、当時のデジカメのスタイリングはデカくてブサイクだったし、単三電池4本か専用リチウム電池が普通だった。クールショットII LK−RQ1もそうだが、当時の松下のカメラは意外と常識的でカメラとして良心が溢れる物だった。その後にパナソニックが出すルミックス DMC−F7になると浜アユとライカブランドに乗っかって、エグいスタイリングになる。
                ☆           ☆
 なんだか食い足りないコンテンツになってしまったのだが、ちょっと個体が見当たらないので深く掘り下げることができない。記憶では意外と使いやすかった気がする。不思議なのはニコンが本カメラをワザワザ出す意義があったのかということだ。廉価機も一応出しておきたかったのだろうが、松下とのコラボってのは不思議だ。意外と作っているのはチノンか三洋電器なのだろうか。
 ニコンがちゃんとした中級機を出すのは1年後のクールピクス700を待たなければならない。これはこれでレアなカメラなのだが。

 では、撮影結果(足助祭り編)をご覧頂きたい。

(了:2015/10/13)

クラデジカメ系列メニューへ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る