パナソニック ルミックスDMC−TZ10について


DMC-TZ10
高い完成度に裏切られることに。

☆ジャンク度☆
無し(その後不動に)
撮影可能(現在撮影不可)


DMC-TZ10 DMC-TZ10
 ライカ判換算で25mmから始まる光学12倍ズームレンズを登載。
 バリオエルマリート銘は兎も角、痺れるレンジだ。


DMC-TZ10 DMC-TZ10
 無論、光学式手振れ補正機構を登載。


DMC-TZ10 DMC-TZ10
 ちょっとマッチョなボディもスマートに見せる。
 望遠側はライカ判換算300mm相当だから、グリップも必須だな。


DMC-TZ10 DMC-TZ10
 動画性能とGPS機能の搭載が目新しいらしい。
 GPSは目障りだなあ。


DMC-TZ10 DMC-TZ10
 DMC−TZシリーズとしてはマルチモードAEを初登載。
 ユーザーの裁量を嫌うパナソニックのコンパクトカメラとしては稀。


DMC-TZ10 DMC-TZ10
 液晶ビュワーの見え具合に遜色なし。
 嬉しい日本製である。


DMC-TZ10 DMC-TZ10
 多少レイアウトを変更しているが、基本的な操作系デザインは前モデルを踏襲する。


DMC-TZ10 DMC-TZ10
 多少レイアウトを変更しているが、基本的な操作系デザインは前モデルを踏襲する。
ルミックス DMC−TZ7から電池の規格が変更になった。


 本カメラの品番はDMC−TZ10で、「TZ」は「トラベルズーム」の略である。シリーズ初代のDMC−TZ1が2006年の登場で、翌年に登場のルミックス DMC−TZ3ころまでCMのイメージキャラクターとして「きみまろさん」を登用していた。当時からお元気だった「熟女〜シニアレディ」をターゲットにしていた。実際に韓流ブームに乗って機動的に冬のソナタの撮影地やDMZ(当時の拙僧夫婦は諸般の事情で行けなかったな)に趣味友と連れ添ってガラス越し労働共和国軍兵などを無邪気に撮っていたらしい。若い連中なんて金を持っていないから、パナソニックの膨大な情報収集能力とノウハウが算出したターゲットなのだろう。実際には、そのターゲット層の方々がDMC−TZ系コンパクトデジカメを使っているのは見たことが無い。しかし、普通に若いお父さんや若い女子が使っているのは見たから、パナソニックとしては十分な商売になっただろう。多分だけど、北米とか欧州とか一眼レフカメラを買えない裕福でない連中も、ギリギリ買える価格帯だったんじゃないかな。韓流ブームは「ぱくくーね」の御嬢さんが無分別な反日発言を民族対立のデリケートな中欧とかでも暴発するざまで、冷え込んでしまった。明洞や東大門では寒風が吹いており、セラーの方は苦々しく思っているだろうなあ。例の事故で全国的にも怒り心頭のようだ。他国のことはほっといて、「熟女〜シニアレディ」は今もご活発である。しかし、装備は旧いEOSデジとかフィルム時代のニコンF50とかでメーカーに踊らされていないな。フルサイズEOSに白レンズでないと写真が劣ると思っている若い連中よりも、遥かにスマートで分かっていらっしゃる。「ガキとは違うのだよガキとは」ということなのだろう。
                ☆                 ☆
 DMC−TZシリーズもDMC−TZ1/3/5/7ときてDMC−TZ0だから5代目だ。奇数なのはソビエト時代の名残で戦闘機にカテゴライズしているのだろう。先代のDMC−TZ7との違いは、撮像素子が1000万画素級から1200万画素級になり、GPS機能を搭載した。動画系の機能もアップしているらしいのだが、拙僧は動画撮影は滅多にしないし、動画系の機能を紹介したコンテンツを読んでもさっぱりわからないので、本ページでは触れないことにする。操作系ではDMC−TZシリーズとしてはマルチモードAEを初登載した。つまち、絞り優先AEとかシャッター速度優先AEとかマニアル露出が可能となったのだ。パナソニックは、伝統的にコンパクトデジカメにユーザーが任意の露出を選択できるような機能を搭載するのに消極的である。実際にこの種のカメラにマルチモードAEを搭載する意義を個人的には有意義とは思わないのだが、本カメラで天体撮影をなさる方もいらっしゃるだろうから、何かと便利なのだろう。コンパクトデジカメの画像にツベクベ文句を言わないから、旅先で簡素的な三脚を使って、そこそこの天体撮影が出来ればいいというニーズは妥当だと思う。
 簡単に諸元を補足すると、レンズはバリオエルマリート銘のライカ判換算で25〜300mmF3.3〜F4.9の光学12倍ズームレンズを登載。勿論、光学手振れ補正機構付きで、ISO感度が最速1600モードまでなんだが、インテリジェントISO感度の高感度モードにすると上限が6400モードまで拡大するらしい。スゲエ、先輩、マジ最強っすって感じだよな。拙僧はインテリジェントISO感度の高感度モードでフラッシュ発行禁止で撮影したが、レスポンスもそれなりで、それほど照度の高い場所なら露出もそこそこ常識的な数字を弾いた。もっとも、完全な日陰ななると、かなり遅めなシャッター速度になる。しっかりとカメラをホールドすれば問題ないレベルだが、拙僧のような奇襲やゲリラ戦では、予め任意でISO感度を上げておいた方がイイだろう。個人的には、もっと積極的にISO感度を上げてほしいが、ルミックス DMC−LSシリーズほど常識外れのスローシャッターを弾いたりはしない。ダイナミクスレンジが狭いのか、木漏れ日の紅葉とか明暗差が大きい被写体では露出が不安定になるが、健闘している方だろう。そこは、やっぱりコンパクトデジカメに過剰な期待は禁物である。
                ☆                 ☆
 実は本カメラは既に壊れてしまって不動である。ある日突然、電源を入れようとしても無反応になった。よく、ソニータイマーなどと聞くが、パナソニックも怪しいものだな。本カメラは欧州旅行というクリティカルな作戦への動員も検討していたから、現地で壊れなくてよかったという見方もあるのだが。
 この数年、パナソニックのデジカメへの熱度は低いように見える。定期的にモデルチェンジを行い、それなりによくできたカメラらしい。しかし、はた目から見ると、商品デザインにしろ広告にしろソニーに比べるとモチベーションを感じないな。それでソニーが儲かっているかというとそうでもなさそうだ。パナソニックは建材や自動車関係で忙しそうだから、民生カメラなんかに人材を投入している場合ではないのかもしれないな。
 1年ぶりくらいに若い連中の写真系コミュニティの飲み会に参加していたのだが、デジペン一色だったカメラ女子の標準装備にソニーのシェアの広がりが見える。それでデジペンの牙城を崩すほどでもないのだが、「人と同じカメラは嫌」なモチベーションとソニーの積極的な市場展開への攻めが効果を出し始めているのかもしれないな。それでも、ソニーもオリンパスも業績的に安泰に見えないのが、カメラ好きとしては寂しいが。
 写真は魅力的な被写体と、それを感じる人間の感性が最も重要で、カメラなんてのは使い慣れたものが一番である。なので、先進的なデザインや機能、広告に踊らされずに型落ちのニコンなりキヤノンなりを使う、「熟女〜シニアレディ」の方々がスマートである。
 それだと、メーカーは困ったものなのだが。


 では、撮影結果(奥三河紅葉編)を見て頂きたい。

(了:2014/5/2)

クラデジカメ系列メニューへ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る