パナソニック ルミックス DMC−FX40について


DMC-FX40

ルミックの進化は止まらない

☆ジャンク度☆
傷多し
撮影可能


DMC-FX40 DMC-FX40
 ライカ判換算で25mm相当から始まるライカブランドのズームレンズは、なんと5倍ズームだ。
 熟成した手振れ補正機構に1200万画素級撮像素子の組合せで無敵。


DMC-FX40 DMC-FX40
 操作系は標準的なルミックスを踏襲している。


DMC-FX40 DMC-FX40
 メニューインターフェイスも標準的なルミックスを踏襲している。

DMC-FX40
 この個体はカードエラーが発生する。

 最初に白状すると、本カメラを語る文言は少ない。実際に本カメラを取り上げた個人のブログやHPは極めて少ない。それだけ普通のカメラということだ。とはいえ、なかなかの実力者ではある。本カメラは基本的にはルミックスDMC−FX37の正統な後継者だ。違う点は撮像素子が1200万画素級になったのと個人顔認識AFを搭載した。つまり、特定の個人の顔をAF測距点が追跡するのだ。大したものである。実際に本カメラの画像追尾は大したものである。なんでEOS−Mがあんなにダメなのか不思議だ。
 レンズは25〜125mmF2.8〜5.9とルミックスDMC−FX37を踏襲しているし、それくらいしか語ることが無いのだ。
 そんなわけで本カメラの話題はこのくらいで許していただきたい。

   では、撮影結果(名古屋散歩)をご覧頂きたい。

(了:2014/10/31)

クラデジカメ系列メニューへ戻る