ニコン クールピクスP300について


COOLPIX_P300
新たな段階に達したニコンの上級コンパクトカメラ。

☆ジャンク度☆
液晶ビュワー不良
撮影可能


COOLPIX_P300 COOLPIX_P300
 残念ながら液晶ビュワーが割れていた。
 コンパクトカメラから外した光学ファインダーで撮影した。

COOLPIX_P300 COOLPIX_P300
 スクエアのマッスがエッジが効いていてカッコいい。


COOLPIX_P300 COOLPIX_P300
 豊富なマニアル機能が特徴だそうだ。


COOLPIX_P300 COOLPIX_P300
 小振りなフラッシュが可愛い。

COOLPIX_P300 COOLPIX_P300
 HDMI端子のお蔭でTVで諸設定が可能だ。

COOLPIX_P300 COOLPIX_P300
 24〜100mmF1.8〜F4.9と、なかなか立派なレンズを登載。

 本カメラは2011年にマニアル機能の充実を売りにした上級コンパクトカメラである。ところが、折角の高機能も液晶ビュワー不良の個体なので活用できない。拙僧も話を広げようと思ってネタを探していたのだが、流石に難しく時間ばかりが過ぎてしまうので、いっそ公開してしまうことにした。内容が薄くて申し訳ない。
 ライカ判24mmからのズームレンズはパフォーマンスが高く、超広角レンズらしく周辺が引っ張られるのが興味深い。

 では、撮影結果(犬山祭り編)をご覧頂きたい。

(了:2015/5/22)

クラデジカメ系列メニューへ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る