ニコン クールピクスP1について


COOLPIX_P1
ナイスグリップを残した最後のモデル。

☆ジャンク度☆
無し
撮影可能


COOLPIX_P1 COOLPIX_P1
 ライカ判換算で36〜126mmF2.7〜5.2の光学3.5倍ズームニッコールを搭載する。


COOLPIX_P1 COOLPIX_P1
 クールピクス880から踏襲したナイスグリップも本カメラが登載の末期のモデル。

COOLPIX_P1 COOLPIX_P1
 オーソドックスな操作系。
 プログラムAEモードと絞り優先AEモードの搭載に注目。

COOLPIX_P1 COOLPIX_P1
 液晶ビュワーが大型化し、光学ファインダーがとうとう消滅した。


COOLPIX_P1
 よくわからないのだが、液晶ビュワーになにかしらのマウントを装着している。


 クールピクスP1の「P」は「パフォーマンス」を意味するらしい。登場は2005年9月で、命名規則が変わったが、実質的にはクールピクス7900の後裔機である。撮像素子が700万画素級から800万画素級に増えたが、大きな違いは液晶ビュワーが大型化した代わりに、とうとう光学ファインダーが消滅した。既に形骸化した光学ファインダーの存在意義だが、無いと寂しいものである。しかし、本カメラではクールピクス880に始まる、クールピクスの基本デザインである明確なグリップを形成している。これをニコンは「ナイスグリップ」と称していた。モデルチェンジの度に小型化した「ナイスグリップ」だが、本カメラと500万画素級で廉価機のクールピクスP2ではまだ意義を主張している。これがモデルチェンジを経てクールピクスP4になるとナイスグリップも消滅してしまう。クールピクスP4はクールピクスP3から無線LAN(Wi−Fi)機能を省略した物なので、恐らく「ナイスグリップ」を搭載した最後のクールピクスが本カメラとクールピクスP2だろう。
 本カメラの最大の売りは無線LAN(Wi−Fi)による画像の転送である。クールピクスP4では省略したが、クールピクスP2は省略していない。後裔機で省略したということは、大した売りにならなかったのだろう。無論、拙僧は一度も使ってないし試すつもりもない。むしろ、本カメラの運用上のスイートな点はプログラムAEと絞り優先AEの搭載である。プログラムAEもプログラムシフトができる優れものだ。このクラスのデジカメで真面目に絞りを設定するのもおかしな感じだけど、当時、実売で5万円くらいしたカメラなので、このくらいは遊べないと甲斐が無いな。但し、手ぼれ補正機構は未搭載である。ちなみにライバルのIXYデジタルが手振れ補正機構を搭載したIXYデジタル800ISを投入したのが翌年の2006年3月である。手ブレ補正機構を搭載するのはクールピクスP3/4からだ。
             ☆           ☆
 拙僧の個体は何かしらのアダプターマウントを液晶ビュワーに接着している。デジタルスコープなどのアクセサリーの一つなのだろうか。


 では、撮影結果をご覧頂きたい。

(了:2015/5/21)

クラデジカメ系列メニューへ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る